私の英語勉強法

 

私の英語の勉強法は4点あります。

一つ目は、英会話ラジオ等のプログラムで、様々なジャンル(買い物中の会話、旅行中の会話、道案内の会話等 )の英会話をリスニングすることです。

色々なシーンの会話があるので、どういう場合にどういう表現が使われるのかがわかるので、何度もリピートしてリスニングしています。これで学んだ単語や表現を実際のレッスンで実践するようにしています。
たまに使い方が間違っている場合があって指摘を受けますが、実践することで間違いに気づくのでいいことだと思っています。

二つ目は、その日の仕事内容、通勤・帰宅時、同僚との会話等、その日あったことを英語で話す練習をしています。
日本語どおりにスラスラとまではいきませんが、できるだけ英語にして話すようにしています。

これは私にとってかなり難しいですが、OECでのレッスン以外にも、何かしら英語に携わりたいと思い、二年前ほど前から実践しています。

家族でやっているため、お互いの使った単語や文章を指摘し合うことが出来るので、わからない表現は調べたりして、その日あったことはなるべくその日に英語にして還元し、それを文章にしてノートに書いています。

三つ目は、OECで受講したレッスンで習った単語を単語帳として残していっています。毎回のレッスンに、必ず初めて聞く単語が出てきますし、前に習った単語も見返したりしながら、単語帳を作っています。
市販の単語帳よりも、自作の方が学習した感がある上に、レッスン毎に増えていくので、作り甲斐があります。
また、新しい単語が学べたという気持ちにもなるし、気になった文章などもメモしていくことで、また見返す時にも思い出すことができるので、今では毎日この単語帳を持ち歩いて、暇があれば目を通しています。

四つ目は、よく洋画や洋画ドラマを見る機会が多いのですが、そのような洋画DVDをレンタルした際、吹き替えではなく、出来るだけ字幕で見るようにしています。

初めは全く意味がわからず、映像と口調と表情で何となく雰囲気を掴んで見ていたということが多かったですが、ここ最近は、まだまだスラスラ理解するにはまだまだ時間はかかりそうですが、大分言っていることとその意味がわかるようになってきて、実際の映画を見ているように、楽しく見れるようになりました。

もちろん、まだまだ聞き取れない言葉は山ほどあるので、その部分を止めて聞き取れるまで再送し、聞き取れたらその意味を辞書で調べたり、実際に文章にして書くようにしています。

こうすることで、画面から聞こえる英語と、自分の書いている英語の違いがわかりますし、逆にこういった表現の仕方があるんだと学べるきっかけになっていて、自宅にいても手軽に学習が出来ています。
たまにOECで習った表現や単語、熟語が出てくるので、ネイティブの英語を身近に経験出来ていて、楽しみながら勉強しています。

以上四点は、日頃のストレス発散にもなりますし、英語の自分なりの勉強にもなっているので、このまま続けたいと思います。

栗木淳也

 

10月 1st, 2016

Posted In: