私の英語勉強法

MASASHI

 

「私の英語勉強法」と題しまして、一言で言うと「毎日やる」です。 毎日コツコツと勉強して、とにかく多くの時間を積み重ねるよう心掛けています。

ネットを見ても、TOEIC高得点の方々は「毎日○時間」とか「同じテキストを数百回繰り返す」等、「そこまでするのか!?」と驚くほど勉強に時間をかけている様子で、とても頭の良い人、例えば一度見聞きしたものは大体覚えていられるような人でもない限りは、英語の習得には沢山の時間がかかるものだと認識しています。

考えてみると、英語に限らず、大体の技能は仕事に使えるレベルで習得しようと思うと、一人前になるのにおよそ1万時間かかると聞きます。趣味でやっていることを「これまで何時間くらいやったかな?」と一度考えて、その後プロの実力と比較すればよく分かると思います。

ただいきなりそんな長時間(長期間)を前提とすると辛いだけなので、段階的に考えます。手前ミソな話で恐縮ですが、私は大学では文学部で、社会人になってこれまで触れたことのなかった会計について2,000時間ほど勉強をし、そのおかげで今は会計の仕事をしています。ある程度のレベルまで勉強すれば、自ずとそれに触れる機会・時間が得られるようになりました。同じように英語もあるレベルまで使えるようになれば、もっと使う機会が増えると思いますので、まずはそこまで時間を積み重ねていこうと思います。

 

具体的な勉強についてですが、OECに通い始めて2年以上、家でも机に向かうようになって1年以上…という感じで、今のやり方が正しいのか、効率が良いのか、正直分からない程度にしかまだ勉強できていません。

OECに通うのはとても楽しいです。もし財布のヒモが許すのであれば毎日…というのは身体がついていきませんが、沢山通いたいです。ただ、通うだけでは英会話が上手になるわけではなく、自分でも勉強しないと上達しないと強く思いました。

ある機会に通信講座を始め、それからほぼ毎日勉強するようになりました。家で勉強なんて会計を集中して勉強して以来のことで、初めはとにかく机に向かうのが苦痛でしたが、今は歯磨きをするくらい自然に勉強しています。

家では文法やリスニング等でインプット、OECやライティングでアウトプットを繰り返し、年何回かTOEIC等の試験を受けて実力の確認をする…というサイクルで勉強しています。特に「自分が何を出来ないのか」を把握して、それを無くしていく…という作業がしんどいです。せめてもっと記憶力が良ければ…といつも思います。

 

そこまで英語を勉強する理由は、憧れ半分と追いつめられて半分(笑)という感じで、仕事に必要という大前提、そしてやはりもっと自分が触れられる世界を広げて色々と楽しみたいからです。

いつか007のように…とまではいきませんが、世界を股にかけて仕事ができるようになりたいです。

 

 

9月 29th, 2016

Posted In: